ホームヘルパー2級を取る【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

ホームヘルパー2級を取る

ホームヘルパーには1級から3級がありますが、ホームヘルパー2級を取るのは比較的容易ですし、パートをしようと考えている女性にとっては2級を取れば十分だといえます。

 

 

それでは、ホームヘルパー2級とはどのような資格なのでしょうか。

 

ホームヘルパー2級は厚生労働省指定の養成機関で130時間の講習を修了すれば取得できます。

 

試験がなく、年齢制限もないので、仕事のブランクがある主婦や試験勉強がしにくい女性にもおすすめできる資格といえます。

 

職場としては老人ホームがイメージしやすいと思いますが、グループホームやデイサービス施設、病院や障害者施設などがあります。

 

施設で介護を行うだけでなく、自宅で介護が必要な人が自立して生活できるようなサポートを行うのがホームヘルパーです。

 

掃除や買い物、調理の援助などとともに、おむつ交換や食事の介助、体位の交換などの介護も行います。

 

正社員として働くことも可能ですが、パートや派遣社員としての勤務体制もあり、女性としては働きやすい資格であるといえるでしょう。

 

超高齢社会の日本ですから、ホームヘルパー2級の資格を求める求人件数は非常に多いです。

 

ヘルパーが足りないという話はよく聞かれます。

 

年齢制限や実務経験を求められることもあまりないため、仕事のブランクがあったり、今まで専業主婦をしていた女性にもパートとして働きやすいといえます。

 

今後も需要は伸びていくことと考えられますので、介護系の資格取得を目指す人はホームヘルパー2級も視野に入れてみてはいかがでしょうか。