ケアマネージャーを取る【パートに役立つ資格】

MENU
TOP

ケアマネージャーを取る

介護系の資格の一つにケアマネージャーという資格があります。

 

ケアマネという言葉はよく聞くと思うのですが、ケアマネージャーとはどのような仕事をする人のことを言うのでしょうか。

 

ケアマネージャーは正式には介護支援専門員と呼ばれます。

 

 

介護保険制度の中で、介護が必要とされた人に対してどのような支援が必要かプランニングするのが、ケアマネージャーの最も大きな仕事だといえます。

介護支援専門員とは

介護保険制度は専門的知識がないとわからないほど仕組みが複雑で、サービスを受けるにはケアマネージャーのケアプラン作成が必要となるのです。

 

そのため、ケアマネージャーには介護保険制度の知識だけでなく、どのような支援があるのか、そして介護が必要な人の現在の状況はどうなのかを把握する技術が必要となります。

 

 

ケアプランは介護が必要な人の希望だけでは成り立ちません。

 

介護が必要な人の家族の状況についても確認し、調整する必要もあります。

 

それでは、ケアマネージャーを取るにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まず、保健・医療・福祉の国家資格を持っている人は無条件でケアマネージャー試験を受験することができます。

 

しかし、このような国家資格を持っていない場合には保健・医療・福祉の分野で5年以上、そして900日の従事日数がなければケアマネージャー試験を受けることもできません。

 

まったく関係のない分野でしか働いたことのない人にとって資格取得は容易ではありません。

 

しかし、福祉分野で働いており、キャリアアップを目指すのであればケアマネージャーを持っていると転職や再就職は容易になると言えるでしょう。